治療後に

治療する歯科医

歯科で治療を受けた後に歯に異変を感じることもあるでしょう。
それは数日すると馴染むようになりますが、食事をしているときなどに急に外れてしまうこともあるのです。
そんな金属が外れるタイミングは治療後すぐか、数年起ってから外れることもあるのです。
歯科で使う金属は様々なものがありますが、一般的に外れやすい金属とはどのようなものなのか紹介します。
インレーと呼ばれる金属の塊はとても小さなものですが、ガリっと砂を噛んだかのような錯覚を起こし外れてしまうことがあります。
インレーは虫歯の治療などで使われる金属で銀色のものです。
またかぶせものと呼ばれる歯の治療ではよく使われる金属も外れやすいと言われています。
このような金属が外れてしまった場合、どんなものなのかまずは種類を見分けておきましょう。

治療後に歯の金属が外れた場合、何が原因なのか知っておくと歯医者での対処がスムーズになります。
治療してから数年が経過している場合、セメントが劣化していることで、金属が外れてしまうことがあります。
また、金属が削れている場合や虫歯の影響を受けたり、金属が折れてしまうことで、外れたりすることがあります。
このように、原因が違うと歯科での対処法もそれぞれ異なるので、できるだけ早めに歯科に行くようにしましょう。
時間が経ってから歯科に行くと虫歯などの影響で治療が難しくなってしまうこともあるため、努力して歯を綺麗にする必要があります。

注目の記事